冠婚葬祭での六曜の受け入れ方

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

冠婚葬祭 六曜

ビル

冠婚葬祭での六曜の受け入れ方

冠婚葬祭の行事の際に、暦注にある六曜を気にするひとは多いです。
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順に繰り返されています。
おもに冠婚葬祭で気にされるのは、友引・仏滅・大安・赤口です。
その他の先勝・先負は、賭け事や勝負事をする際に、験を担ぐ人も多いようです。
それぞれの意味は六曜の発祥から現在に至るまでに、変遷しているものもあります。
友引は現在「凶事に友を引く」とされ、この日に葬式を行うと、友まで死ぬとされます。
それで友引の日の葬式は、避けられる傾向にあります。
仏滅は「仏も滅する大凶日」という意味で、その日の結婚式や結納などの祝儀を避けます。
大安は「大いに安し」の意味で、何をしても吉で、事が安泰に運ぶとされます。
それで結婚式は大安の日に集中します。
赤口は何をするにも良くない日ではあるとされますが、正午だけは良いとされています。
この様な意味を知らない、または気にしない世代も増えているのが、現代の状況です。
六曜の吉凶にとらわれ過ぎることもありませんが、その知識を持っているほうが役立ちます。