六曜捉え方はひとそれぞれ。知った上で他者に配慮を。

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

冠婚葬祭 六曜

ビル

六曜捉え方はひとそれぞれ。知った上で他者に配慮を。

六曜に先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つの曜があります。
日本においては、カレンダーや手帳などの日付の下に記載されています。
それぞれの六曜には意味があり、吉凶・運勢が決まっています。
よく耳にするのは、仏滅・大安でしょう。
仏滅は「仏も滅する大凶日」の意味で、6つの曜の中でも最も凶とされます。
祝い事には避けるべき日とされています。
大安は「大いに安し」の意味で、最も吉の日であり、仏滅とは真逆です。
現代において、若年層には六曜を知らないという人も増えています。
冠婚葬祭のときには、意識するという人もいます。
知っていてもそれほど気にはしないという人もいます。
年配者のなかにも気にしない方も増えてはいます。
しかし結婚式などの祝儀には、大安が人気です。
結婚式場は仏滅が暇なために、その日の料金を安くして集客するというところもあります。
それが非常識と捉える人もいれば、合理的と考える人もいて、捉え方はひとそれぞれです。
自分が気にしないからといっても、他者を不愉快にさせない心配りを怠らないことが大切です。