冠婚葬祭における六曜

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

冠婚葬祭 六曜

ビル

冠婚葬祭における六曜

六曜は「ろくよう」「りくよう」などと読みます。
先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の六種類あり、それぞれ意味やいわれがあります。
先勝は、午前が吉とされています。
友引の日にはお葬式は行いません、友を連れて行ってしまう、といわれるためです。
先負は、午後の方が吉とされています。
仏滅の日には、御祝、例えば結婚式などは避ける傾向にあります。
大安は、結婚などおめでたい日に良いとされています。
赤口は昼が吉とされています。
このような言われがあることから、冠婚葬祭の儀式を行う際に六曜を確認したり、それに基づいて行動することが多いです。
しかし現在では、例えば結婚式は仏滅の日でも行うようになっています。
結婚式場側も空日を減らすために、価格を下げているところもあります。
また、お葬式が友引の日になる時は、お葬式の日をずらします。
友引の日は、逆に結婚式など慶事には適しているといわれています。
幸せのお裾分け、という意味を込めて、この日に招待状や引き出物を発送することもあります。