六曜を気にしながら何かを行う

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

冠婚葬祭 六曜

ビル

六曜を気にしながら何かを行う

結婚式、葬式など、冠婚葬祭の日取りはとても気になるのではないでしょうか。
結婚式であれば人生の最良の日と考えているため、大安や、友引などの縁起がいい日にちを選びます。
大安は何をしても万事うまく行くと言われている日柄で、友引は友を引くと言う験を担ぐ意味に捉えることが出来ます。
また、最近では日柄が良い日よりも、料金が安く済む仏滅などに式を挙げる人も多くなってきており六曜の本来の由来が薄くなってきています。
葬式では、仏滅などの日柄で行われることもあり、逆に友引は悪い意味に使われるためら、その日は式を行わない様にします。
昔から伝えられている事を大切にしていた日本人ですが、最近の動向を見ていると少し変わってきている様にも思います。
しかし、良い所は今後にも残していき冠婚葬祭などの節目に、しっかりと日柄を見る事で気持ちの面でも引っかかることなく次に進むことも出来るため、後悔のない選択をして欲しいものです。